便秘解消には天枢のツボ

便秘になるとお腹が張るし、体全体が重たくなるような気がして不快感がありますね。そんな時には、いち早く便秘を解消したいと思うものです。

その時に便秘解消に効果があるのが、天枢のツボです。このツボは大腸の動きに関係すると言われ、刺激をすると腸の動きが良くなると言います。

このツボはおへその横にあります。へそを中心として左右に指3本分離れたところ、それがこのツボの場所です。指1本で押してもいいですし、3本くらいでゆっくりしてもいいですね。大体、押して1、2、3とカウントし、ゆっくり指を離します。

そして同じだけ休んでまた押すということを繰り返します。早い人はこのツボを押し始めるとお腹がゴロゴロ言うこともあるほど。すぐに効果がない人は時間をおいて繰り返して何回か行うことで徐々に効果が現れます。

便秘解消に、コストも必要なく、必要なのは、自分の指と時間だけ。気が付いたときに気軽に出来るので、自分で出来る便秘の解消法としてはおすすめです。

なぜ、便秘は生理前に起こりやすいのでしょうか

普段の排便は快調そのものなのに、生理前になるとなぜか便秘に悩まされてしまう女性は多いかもしれません。 生理前に起こる便秘は、月経前症候群と呼ばれる生理前に、心と体にあらわれる不調の一つと言えるでしょう。

ほとんどが、生理が始まる2週間前程から症状を感じやすくなり、生理が始まると解消するパターンが多いのです。

具体的な症状としては、お腹が張ったような感じや下腹部痛がする、下腹がポッコリする、排便するのに時間がかかるといった感じです。 中には、ウエスト周りがきつくなるので、いつも履いているパンツやスカートが履けなくなる人もいます。

このような生理前の便秘を防ぐためにできることは、腹筋やウィーキングなど適度な運動をすることにより、大腸の働きを活発にすることや食物繊維や乳酸菌を多く含む食事を取り入れることが大切です。

また、健康な便の8割は水分でできているので、水分をたくさんとることも必要でしょう。 起床後すぐに一杯の水を飲むこともおすすめです。

便秘がなかなか治らなくて悩んでいる

私は幼い頃から便秘に悩まされていて、今でも治っていません。一週間に一、二回出ればいいほうなのです。お腹に便が溜まり過ぎているがゆえに排便のときは時間がかかります。約一週間分の便がお腹にあるので、それも当然かと思います。

また便が固すぎるのも排便がうまくいかない理由でもあると思います。カチカチすぎてスムーズに便を外に排出できないです。それに固い便のせいで、肛門に対するダメージもハンパないです。

というのもなかなか便が出ないので気張るのですが、固いせいで肛門がヒリヒリと痛むのです。酷い時には切れ痔のようにほんの少しだけ血が出ることもあります。

なので便秘を治そうと食物繊維を毎日摂っているのですが、その効果がまったく現れていないのです。食物繊維は便秘の改善にいいとよく言うのに、どうして私の場合は効果が出ないのかと不思議に思います。

やはり根本的な便秘の原因を改善するしか方法はないのかもしれません。しかしその肝心の原因が分からないので、どうすることも出来ない私がいます。早いところ便秘を治したいものです。

妊娠中の便秘から…

妊娠初期には便秘がちになります。 それは多くの妊娠をした時の本や、経産婦さんも言うことです。 私自身、過去2回妊娠して、どちらも妊娠初期に便秘になり、大変な思いをしました。

1人目の時は5日間の便秘に悩まされ、最終的には今まで感じたこともないような吐き気と腹痛に襲われて便秘が解消されましたが、その時の便の量は多く、5回ほどトイレに駆け込んで大変な思いをしました。

そして、2人目の時には便秘自体は2日から3日くらいだったのですが、それを過ぎてから出た便というのはかなりかたく、それがずっと続いいたので、ついには痔になってしまったのです。
痔になってしまったので、今度は排便時にいたいのが嫌だったので便秘のままでいいと思っていたら本当に便秘状態になってしまい、たまに便が出るという時には常に痛い思いをして便をしなければならなかったので涙と共にある便秘生活という感じがしました。 産後は治りましたが、あんな思いは二度としたくありません。

日曜日だけ便秘になってしまうバイオリズム

私は主に日曜日が仕事の休みなのですが、毎週日曜日だけ便秘気味なのでそれが悩みです。平日は朝の決まった時間になると決まって便意をもよおすのですが、なぜか日曜日だけはそうならないです。

最初はたまたまそうなのかと思っていたのですが、どうやらそうではないということがわかりました。毎週そうなので、どうやらそういうバイオリズムになっているのです。それでも何とか午前中の内に排便するよう努力しているのですが、貴重な休日なのに便秘で悩まされるのは困ります。 おすすめ乳酸菌サプリ

その原因を探ってみたのですが、どうやら日曜日で仕事を休むため、そこで緊張感がまったくないのが逆に良くないようです。それだけお腹がリラックスしているともとれるのですが、それで結果的に便秘になっているのですから複雑です。

ただ、1週間の中で日曜日のみ便秘になりやすいだけですから、それほど気にする必要はないのかとも考えています。ですので、これからしばらく様子を見てどうするか判断したいです。

ホットヨガで腹筋鍛え便秘対策

友人に誘われホットヨガをするようになりました。女性特有の悩みが解消されると言われたので、もしかしたらこの辛い便秘も解消されるのかなと期待をしてホットヨガをしていました。

ホットヨガ教室に通い始めて三ヶ月ですが、便秘をしなくなりました。ホットヨガ中に正しい姿勢になることで内臓の働きを促進させるみたいですね!以前は全然腸が動かないと感じていましたが、ホットヨガをするようになってから、動いていると感じることが多くなりました。

また汗をたっぷりかいてスッキリできるので、ストレス解消にもなります。お腹がハっていることが当たり前だったのですが、ハリがなくなってきてお通じが毎日あるようになり、ホットヨガの効果って素晴らしいなぁと実感しています。

ホットヨガで衰えてしまった腹筋を鍛えることにより、便秘をしなくなるんだと思います。便秘体質は変わらないと思っていたのですが、きちんと努力をすれば変わるんだなと思いました。

製薬会社等で紹介されている便秘対策のマッサージ等

便秘ですが、これは糞便(主として食物を摂取した事に因ってできる排泄物であり、体内の細胞等が死滅した際にその死細胞が異物となって糞便になる事も在ります)が排泄し難い状態のことをいいます。便秘には、臨床的には異常でなくても慢性的な機能不全に因って起きるものも在るのでこれはかなり厄介となっています。

便秘の原因ですが、主として消化管の狭窄及び閉塞に因るとされています。また、腹痛や吐き気、下腹部の痛み、食欲不振、血便が自覚症状とされていて、特に血便は「体内に異常が在るのでは」と思う位に深刻視する人がいるとされており、肩や腰に痛みが在るのも症状の具体例となっています。

便秘に罹患し易い人の特徴ですが、ストレスに晒されている場合、食生活が乱れているという人が該当するようです。職場環境あるいは住環境が急変した場合、便秘になり易いとされているので注意が必要となります。医療機関で問診を行い、直腸出血の疑いが在る場合あるいは体重の急激な変化が認められた場合は便秘であると言っても過言ではなく、また、薬剤を服用して副作用として便秘になる場合も在るので医学的な知識は、医者でなくても大いに学ぶべきといえるでしょう。

便秘に陥っている人ですが、便意が起き難いとされています。便秘解消をするためには、かつて飯島直子さんが製薬会社等のCMで「便秘にはこれが効きます」とPRをしたように、市販薬で対処をした方が無難なのかもしれません。ただ、製薬会社等では、便秘解消あるいは予防に効果が在るとされるマッサージ等のメソッドが紹介されており、こちらを知っておくと良いでしょう。

マッサージをする部位ですが、腹部は天枢(臍の部分の両隣)、大巨(臍の下の部分)、背中では便秘点という腰より上の辺りをマッサージすると良いとされています。また、腰の辺りのツボを、仰向けになって拳で刺激をすると良いといわれているので、これは実践すべきでしょう。

マッサージする部位ですが、他には、合谷という親指と人差し指の付け根の骨が交わる部位を親指で刺激したり、神門という手首の間接部分の小指側を押してみても、便秘の解消等の効果が期待できるとされています。

毎食でたっぷりと食物繊維をとることが大事です!

便秘に良いことというと、食事をバランスよくとることを言われています。
そしてその食事の中でも、食物繊維がたっぷりと含まれているものをとることが大事と言われています。

その食物繊維というのは、とることを知っていても、絶えず意識をしてとってないと感じます。
実際に私の場合も、野菜を多く摂取しようと思っているだけで、そんなに実行に移していないことがあります。 そしてそんなときには、必ずと言っていいほど、便秘になってしまうのです。

そうなってしまっては、また便秘に逆戻りです。 そのため、毎日便秘にならないように食事をとることが必要なのです。

そんな時、とても大切なことは、やっぱり毎回の食事の中で、食物繊維のあるモノをとることが必要となります。 サプリでとっているから大丈夫と思っていても、サプリが補助食品であるのでやっぱり食事の中でとることが大事ですね。

そのため、毎回の食事の中で、野菜はこれだけとるという形で、決めておくようにしましょう。
その時に決めておけば、必ずとることができますね。

そして仕事をしている場合は、お弁当を持参をするといいですね。 お弁当として野菜をそのまま食べると、飽きてしまうので、スープなどを持参するといいですよ。 それは、暖かいモノを持参することによって、食べやすいからです。 毎回冷たいものであると、なんだか辛くなりますね。

そんな時、暖かいモノを食べることによって、気分を変えることができます。 そんな感じで、毎食を食物繊維をとることができるように工夫をしましょう。

引っ越しの「コツ」

引っ越しするときってどんな部屋がいいのか色々考えますよね。 こっちよりあっちがきれいだとか、どっちが安くて、どっちが高いだとか。日当りや間取り、風水的にどうだとか。 毎日の生活を過ごす場所ですし、安い買い物ではありませんから、悩んで当然!

友人は引っ越しの時、物件探しに半年もかかった事がありました。その友人の引っ越しの一押しをした女性がいたんですが、その人は、部屋に入った瞬間にその部屋が「いい」か「わるい」かわかるというのです。たまにいますよね。部屋の空気というのか、そういう事がわかる人。ちょっとした感覚があるようで、あまり良くない部屋だと何か感じるのだそうです。

ちなみにその女性は、なんだかいい空気が流れてるなーって感じた部屋に引っ越したのですが、その部屋自体は特別日当りがいいわけでも、特別広いわけでもなかったのですが、「何か」がよかったそうです。

その後、素敵な方と知り合って結婚し、引っ越すことになったのですが。なんとその部屋、住んだ女性がその部屋を出ていくときは絶対結婚して出て行くんだと、引っ越しの時大家さんが言っていたそうです。たかが引っ越し、されど引っ越し。引っ越しの際は、何かを感じ取れる友人と一緒に見るのがおすすめですよ。

二度目の引越し

今まで私は二度引っ越したことがあります。初めての引越しは大学に入学する時。二度目は卒業する時でした。大変で心に残ってるのは圧倒的に後者です。何故かといえば、まず第一に、実家からの引越しは家具全般を新たに買うので自分が持っていかなければいけない大きな荷物は少ない。更に出る時は親に手伝ってもらえるので、手間も手分けすることができる。

そしてそれより何より、一番大きいのが引越し代金です。学生の時は親に負担してもらったり、学校指定のアパートだったりするので問題ないのですが、学生を終える時は当然自己負担。敷金礼金、引越し運搬費に最初の月の生活代。どう安く見積もっても30万程度はかかります。

卒論に追われてバイトもやめ、貯金はゼロ。夢追い人の私は就職せずにバイトしながら一人で生きていく!と宣言し、先の当ても無い。そんなわけで、誰に頼るわけにもいかない状況を自分で作った分、これはもう頑張るしかない!と自分を奮い立たせ、卒論後の1ヶ月半で全てを賄うことになりました。

夜間はあらゆるお店の在庫を延々数え、土日は家電量販店の店頭に立ち、携帯電話の販売促進。家ではパソコンで県外のいい家探しに荷造り。疲れ果ててもう後でいいやとなってしまいがちな荷造りは本当にギリギリまで終わらなくて、最後の最後、新幹線の時間に間に合わなくなりそうになりながら掃除していました。 先日そんな引越しの時の話題になり、友人に「そういえばさ、最後の夜はダンボールで寝たって言ってたよね~。」と笑われ、横にいた友人は驚愕。そうなのです。捨てない荷物は前日に運び終わっていた為、布団もありませんでした。

まだ3月で寒いしフローリング痛いしで、余ったダンボールを敷いたり掛けたりして一晩過ごした22歳だった私、一応女。今となってはそんなこともあったねって感じの面白思い出話ですが、ほんと若かった。「そんな大変なことになってたなら、言ってくれればよかったのに!」と古くからの友人達に言われ、ああ、そこに思い至らなかったのも若さゆえだな・・・と思います。 とにかくこれからは自分の力だけで生きていかなければいけないんだ!と気負っていたのですね。

今は持ちつ持たれつ、そうして引っ越した家に住んで4年。現在友達とルームシェアで相変わらず夢追い人生活続行中。多少は前に進んでる日々。あの引越しの時の希望と不安で身が引き締まった思いをずっと忘れずにいたいなと思います。